PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Ray / レイ

20050216120638.jpeg
自分のBlog開くと『呪怨』のポスターが気持ち悪いので、
続く13日に見た『Ray / レイ』のレヴューをば。

前置きになりますが、僕が最初にレイ・チャールズを知った
のは11才くらいです。子供の頃から映画好きだった僕は
『ブルース・ブラザーズ』の中で彼と出会いました。

『ブルース・ブラザーズ』はヒット作ですので、
見たことのある人も多いかと思いますが、
この作品にはレイ以外にも、ジェームズ・ブラウン、
ジョン・リー・フッカー、アレサ・フランクリンなど、
Blues、R&B、Soulの大御所が何人も出演されてます。
そうした大御所の中でも、最も僕の心を捉えたのは、
楽器屋で『Shake A Tail Feather』を唄うレイでした。

さっそく、親にサントラを買ってもらって聞きまくり、
Soulミュージックなるものに傾倒していきました。

そして、世間にCDなるものが出回るようになったとき、
最初に手にしたのも、レイのベスト盤だったのです。

つまり、僕にとってレイ・チャールズは思い入れの深い
ミュージシャンの一人なのですが、彼の生み出す音楽
以外の部分に触れたのは、この映画が初めてでした。

こうした映画を見るとき、語られている人物に思い入れが
深すぎると、映画的な評価とは別に、その描かれ方がひどく
気になるものです。僕も今作を見る前は、その描かれ方に
不安を持っていました。

しかし、実際に映画を見て、その不安は杞憂だったと思います。
『Ray / レイ』という映画は、レイ・チャールズを語るストーリー
として、そして映画として、充分に納得のいく作品でした。


レイ・チャールズ本人も関係し、15年かけて完成したこの作品
には、監督やその他のスタッフの情熱が感じられます。

そして、主演のジェイミー・フォックスは、見た目が似ている
だけでなく、レイそのものと感じさせる演技で、完璧です。

人の人生を語る上で、2時間半という上映時間は、決して充分とは
いえないでしょう。ただし、映画としてみる場合、この上映時間は
長い部類に入ると思います。でも、この作品は、この長丁場、
飽きることがありませんでした。

これは、僕が彼の音楽を知っており、曲に関するエピソードが
盛り込まれながら、語られているということが大きな要因には
なっていると思います。しかし、もちろんそれだけではなく、
ミュージシャンとして歩みだしてから、成功するまでの半生を
時系列順に追いながらも、心の支えとなった母親や、トラウマと
なった弟の死などのエピソードをうまく織り込んでいる点も
評価できるのでしょう。

幼少期のシーン、フラッシュバックする弟の死のシーンなどは
それぞれ、異なる手法で映像化されており、製作者の意図を
感じる事ができます。

こうして描かれたレイ・チャールズの人生は、決してきれい事
だけでなく、人間の悦びと苦悩に満ちたものです。

晩年の温厚な印象しか知らない人々は、彼に麻薬暦がある事や、
女性にだらしなかった事などは意外なエピソードであるとともに
ソウルの神様レイ・チャールズを身近に感じられるでしょう。

これだけ、ベタぼめな本作ですが、あえて、ひとつだけ苦言を
いうのであれば、レイ以外の人物の描かれ方が浅い事でしょうか。

レイの自伝という視点でみる場合、これは仕方ないことなのかも
しれませんが、せめて、妻であるデラ・ビーの側からの視点が
もう一歩踏み込んで描かれていれば、と思います。

もちろん、レイの麻薬や女性関係に対する彼女の理解と愛情は
描かれてはいるのですが、そこをもう少し丁寧に語り、
ハンディのある男性との結婚、出産、などを描くことによって、
愛情に支えられているレイ・チャールズの姿がもっと深みを
持ったような気がします。

まあ、それは、多少、求めすぎの感もあるかなーと思います。

なんだか、やっぱり思い入れが強いせいか、書きたいことが
いっぱいあるのですが、少々、長くなりすぎました。

とにかく、映画『Ray / レイ』は、彼をよく知らない人でも、
充分に満足できる作品となっています。お薦めします。

=====================================================
原題:Ray
監督・原案:テイラー・ハックフォード
音楽:クレイグ・アームストロング
出演:ジェイミー・フォックス、クリフトン・パウエル、
ハリー・レニックス
2004年アメリカ映画/2時間32分
配給:UIP
=====================================================
スポンサーサイト

| 映画 | 13:29 | comments:0 | trackbacks:9 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pop21.blog2.fc2.com/tb.php/16-8fe4d374

TRACKBACK

Ray レイ

 鑑賞中、ジェイミー・フォックスが演じていることなどスッカリ忘れてしまっていた。途中で彼が演じているんだと気づいた時には、あまりにそっくりなので背筋がぞくぞくしたほどだった。 レイ・チャールズ音楽との出会いは“What'd I Say”からだった。それも本人のオリジ

| ネタバレ映画館 | 2005/02/17 15:13 |

『Ray/レイ』

■監督 テイラー・ハックフォード■キャスト ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、レジーナ・キング、アーンジャニュー・エリス、シャロン・ウォレン、クリフトン・パウエル、ハリー・レニックス、リチャード・シフ、カーティス・アームストロングレイ・チャール

| 京の昼寝~♪ | 2005/02/17 18:20 |

「Ray/レイ」

ソウルの神様、レイ・チャールズの伝記的映画。公開初日のナイト・ショウで見てきました。ネット予約しておいたので、またまたど真ん中鑑賞。定員350名くらいのスクリーンで観客10人くらい。なのに左隣の席に他人が二人座ったっっ。3人並んで着席????もっとゆった

| ひらりん的映画ブログ | 2005/02/18 04:09 |

暗闇の孤独が生み出した輝く歌声

「Ray レイ」★★★★☆傑作!ジェイミー・フォックス主演伝説の人物の映画化はそれだけで興味深い。それに完璧な演技が加われば、作品は輝く。1940年代から現代までの,アメリカの黒人の一代記として見ても完璧な作品となっている。本人も生前に承諾し...

| soramove | 2005/03/17 12:42 |

Ray レイ

先日「Ray レイ」を見てきました。2004年に他界した盲目のミュージシャン、レイ・チャールズの生涯を描いた映画です。私はレイ・チャールズに関してはほとんど知識がありません。盲目であること、「いとしのエリー」を英語でカバーしたこと。それぐらいしか知りません。そん

| じまなひび | 2005/03/28 15:42 |

Ray/レイ 今年の115本目

Ray/レイ レイ・チャールズ の伝記映画。ジェイミー・フォックス 、よかったです! アカデミー賞だもんねぇ。って、レイ本人の事は、よく知らないのですが、、、さすがのあたしも、スティービー・ワンダーですわ、、、 でもこれって、本

| 猫姫じゃ | 2005/06/05 04:46 |

Ray/レイ

レイ・チャールズにしか見えないジェイミー・フォックスの神懸かり熱演が見事!

| Akira's VOICE | 2005/06/21 12:30 |

Ray/レイ

RAY [監督]テイラー・ハックフォード[出演]ケリー・ワシントン    クリフトン・パウエル     あらすじ…  “ソウルの神様”レイ・チャールズの   波乱の生涯を綴ったヒューマン・ドラマ。感想… レイ・チャールズの名前はなんとなく 

| ケイティの映画的生活 | 2005/08/03 21:32 |

Ray/レイ

●れんたの満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7.5点さすがにアカデミー賞主演男優賞を受賞しただけあって、ジェイミー・フォックスがレイ・チャールズの半生を迫真の演技で描いています。作調的には先日観た『アリ』に近いと思います。レイ・チャールズといえば、盲...

| I Love Movie!【ホームシアター映画日記】 | 2006/01/03 12:44 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。